2011年05月25日

日本科学技術連盟SQiPワークショップでメトリクスの演習セミナーを開催します

しばらく、記事がご無沙汰してしまったので、せめてお知らせぐらいは書こうと思います。

日本科学技術連盟(通称:日科技連)というところをご存知でしょうか。
このブログを読む方なら知っている人が大部分かとは思いますが、一応軽く紹介をしておきます。

日本の品質管理をリードする財団法人なのですが、戦後の復興のために、日本の製造業を強化する目的で
1944年に設立された団体ですので、歴史と伝統のある由緒正しき団体です。

日科技連は、ソフトウェア品質に関する活動もSQiPと称して実施しております。
SQiPは前身であるSPCから含めて昨年が30周年だったので、日本のソフトウェア品質や改善活動の推進団体としては草分け的な存在です。

私は、1998年から、この活動に参加し、数年前からは運営サイドとして、深く携わらせて頂いています。
そのような関係で、SQiPワークショップというセミナー活動の企画運営をしております。

そこで、今回、以下のような演習セミナーを企画しました。
まさに、このブログで紹介しているような内容を演習付きで手を動かしながら学んで頂こうというものです。
シリーズ化して開催していくつもりで、まずは第1弾です。興味の有る方は是非ご参加下さい。

http://www.juse.or.jp/software/88/

■■ 「SQiPワークショップ」のご案内 ■■■■■■■■■■■

メトリクス分析演習Part1「統計手法の基礎」
〜 やれば出来る!PCを使って演習!メトリクス分析、初めの1歩 〜

■■ 参加のおすすめ  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ★ メトリクスを測定しているが、なかなか活かしきれていない ★
このような悩みを良く聞きます。
なぜ、活かしきれないのか?

材料が有っても、調理方法が分からなければ、料理は出来ません。
また、材料に有った調理方法で無ければ、素材の持ち味を活かすことが
出来ません。

つまり、データの特徴や分析目的に適した分析手法を知らなければ活かす
ことは出来ないのです。

そこで、本ワークショップでは、基礎的な分析手法を数回に分けて、
少しずつステップアップしながら、学んで行こうというのが趣旨です。

今回は第1弾として、メトリクス分析の基礎となる統計手法を扱います。
基礎では有りますが、これだけでも十分業務で活用出来る内容です。

実際のメトリクス分析事例を題材にして、PCを用いた演習を行いますので、
会社に戻って、すぐに試して頂くことが可能です。

主に以下のような方々にお勧めします。
★我流で分析をしているけど、イマイチ自信が無い、説得力に欠ける。
★標準偏差、正規分布って言葉くらいは聞いたこと有るけど・・・

PCを用いた演習のため、参加者は20名に限定させて頂きます。
PCはご自身のものを持参出来ない場合には、こちらで準備致します。

定員になり次第、募集を打ち切りますので、お早めにお申し込みを!
■■ 開催概要 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 開催日:2011年6月24日(金) 14:00-19:00(予定)
 会 場:東京・日科技連 千駄ヶ谷本部ビル
       http://www.juse.or.jp/about/location_map1.html
 テーマ:メトリクス分析演習Part1「統計手法の基礎」
 講 師:小池利和氏(ヤマハ)
 参加費:8,400円(税込)
 ワークショップ内容:
           1.ガイダンス&アイスブレーク
           2.ソフトウェアメトリクスの特徴
           3.統計の基礎演習:手取り足取りでやってみる!
               データ分布、ヒストグラム
               標準偏差、正規分布
               データの標準化、偏差値
               データの特徴に応じたデータ変換
           4.総合演習:自力でやってみる!
           5.ざっくばらんなQ&A

■■ お申込方法 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
下記のとおりメールにてお申し込み下さい。
 宛先メールアドレス  regist@juse.or.jp
 件名(Subject)  第9回 SQiPワークショップ申込

 本文 申し込みの際、下記の内容をご連絡お願いします。
 (1) 申込者のお名前
 (2) 申込者の会社名
 (3) 申込者の事業所・所属
 (4) 申込者の役職
 (5) 請求書送付先
 (6) 電話番号
 (7) 参加動機

■■ 問い合わせ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

財団法人日本科学技術連盟 教育推進部 第二課 SQiP担当
TEL:03-5378-9813 FAX:03-5378-9844 E-mail:sqip@juse.or.jp

 


【関連する記事】
posted by koike0125 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

[BookReview2]評価と数量化のはなし

書評の第1弾が、大村 平氏の書籍だったので、ちょっと躊躇しました。
ですが、Episode4の参考文献としては、やはりこれが一番だと思ったので、こちらを紹介します。
「評価と数量化のはなし」です。

続きを読む
posted by koike0125 at 16:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Episode4]複数の指標を用いて総合評価するには

マネージャーのMさんが悩んでいる。

猫 「この間リリースしたプロジェクトなんだけど、前回の開発の時よりも、品質は向上しているのだけど、生産性は低下している」
猫 「このような場合、前回よりも改善出来たと言って良いのだろうか?」


犬 「それぞれのデータを使って総合評価をすれば良いのではないですか?」

猫 「総合評価って簡単に言うけど、生産性と品質の指標であるバグ密度の値は単位も違うし、単純に足し算なんて出来ないだろ?」

犬 「偏差値って覚えてます?あれを使えばいいんですよ」

猫 「偏差値?もちろん覚えているよ。あの忌々しいやつだろ。でも、テストの点数じゃあるまいし、偏差値なんて使えるのか?」


さて、実際のデータを見てみよう

続きを読む
posted by koike0125 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 1変数の分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。